EDに悩まされる男性

EDとは勃起障害のことです。EDは、生活習慣病や喫煙による、ペニスの血流が悪くなって起こる身体の問題だけではなく、性行為に対しての緊張や不安など、心の問題の可能性があります。

EDの混合服用と値段の違いについて

ED治療薬は3つの種類があります。主に有名な医薬品はバイアグラになり、仮にこの医薬品に効果を感じなかったとしても、他の2種類の医薬品がありますので、どれかに効果を示すことがあります。あきらめないで改善方法を探ることが重要です。3つの種類があり、それぞれに異なる効果があります。基本はバイアグラに足りない部分を補うのが2種類と考えて良いですが、これを混合服用することも可能です。もちろん決められた用量を服用しなければなりませんので、一緒に服用するのではなく、状況によって使い分ける混合服用方法になります。

たとえばバイアグラにない速効性を持つ医薬品であるレビトラは、急いで効果を出したいときに服用すると良いでしょう。また長期間効果を持続させたいのであれば、ウィークエンドピルの愛称を持つシアリスを服用することで、約30時間の効果を持ちます。持続するといっても常に勃起しているわけではなく、あくまでも性的な刺激を受けたときに反応するものですので、長期間効果があっても困ることはありません。それぞれの特徴にあった混合服用をすることができます。ただ医薬品によっては、併用してはいけないことがあります。腎臓病であっても服用できるED治療薬はありませんが、禁忌されている治療薬もありますので、その点は医師の指示に従って混合服用してください。すべての医薬品が自分に使うことができるのかを確認することが重要です。

また保険診療外になることで、値段についても工夫をしなければなりません。クリニックの医薬品は高いですので、個人輸入を通して海外の格安の医薬品を購入する人が増えています。ただリスクがある医薬品がED治療薬であり、初めて服用するには購入先としてお勧めすることはできません。初めての場合はクリニックで診察してもらうようにしましょう。